起業6年目、このコロナ禍のなかで思いをはせてみました。

更新日:2020/04/15

みなさま、大変ご無沙汰しています。代表取締役の小堺です。

久しぶりにこのウェルネスキャリア・ラボとしてブログをアップすることにしました。

おかげさまで、2015年3月16日に会社設立して5年が過ぎ、現在6期目のスタートを切っています。

ここまでご支援いただきました皆様に心より御礼申し上げます。

そして、このような世の中がコロナウィルスのためにストップしたような状況下にあって、私も自宅でのテレワークの日々を過ごしています。

某私立学校の大学部でのキャリア支援を主に業務としている関係から、

・このような状況下での就活生へのフォロー、ケア、企業の採用活動などの情報収集

・5月以降に再開されるキャリア関連の講義のオンラインでの実行可能性の検討

など、日々取り組んでいます。

それに加えて、

・ウェルネスキャリア・ラボとして、いまだからこそ社会や人に働きかけるメッセージや自らの行動は何か?

について、考えています。

この3番目の黒ポチについて、ブログを書きながら考えていきたいと思っています。

これについて、私は次の2点について大きく焦点が当てられていると思います。

1、今、#STAYHOMEの中で取り組めることのいくつかの小ネタ

2.このコロナショック後に社会に通念する世界観、そして、そこから人が獲得するであろう観念や生きる指針は何か

主に1のネタを紹介しつつ、時に2についても、新聞・雑誌での評論、有識者のブログやコメントから自分なりに思うことなどをアップしていきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いします。

(写真は昨年11月にラオスに行った時にみたメコン川の朝焼け空です。)


« »
1 / 11