ウェルネスキャリアとは画像・朝日の差込む公園

 ウェルネスキャリアとは、単に健康増進(ウェルネス)を肉体面での取り組みとしてとらえるのではなく、「自分の歩むキャリア(ライフ)が自分らしさを発揮している姿こそが、健康の源である」として、そのあり方、生き方、キャリアを探求することを言います。
 日本人の平均寿命が80歳以上となる一方、定年でリタイアする年齢は一般企業では65歳までの年齢の中で個人の選択に委ねられることになりました。  さらに早期退職制度を利用すればより早い時期からリタイアすることを選ぶことも可能な時代を迎えています。これからのビジネスパーソンは、人生の時々に求められる子育て、親の介護などさまざまな役割を果たしながら、まだ余りある時をどのように過ごすか、選択していくことになります。

ウェルネスキャリアとは画像・ランニングする人たち

 国は超高齢化社会の到来に備え、団塊世代が介護期を迎える2025年を揶揄して、2025年問題といわれるように、より一層の医療費抑制に向けて、いかに介護を必要としない、いわゆる健康寿命を引き上げるかを今後の課題として、取り組み始めています。
すでに、様々な視点から、国民に健康増進のための施策、例えば、運動の推奨、食生活の改善、地域社会等への参加をうながす施策が進んでいます。
 ウェルネスキャリアという考え方は、このような背景の中、これからのキャリアを単線型のキャリアとしてでなく、自分らしさの原点を振り返り、本当に自分が願っていること、これまでのキャリアでは実現できなかったことを探求して、それらの実現に向けてイキイキと心身に無理なく取り組んでいく、自分達のペースで自分らしい生き方を実現することを目指す試みともいえます。「本当に自分らしいキャリアを実現するなんてことが、叶うの?」
それも「健康で元気に…」そんな声が聞こえてきそうです。

ウェルネスキャリアとは画像・ビーチヨガ

 ただ、いったん社会の目や自分を縛っている制約を外してみて、自分が本当に自分らしさや充実感に満たされるその瞬間を味わった人であれば、心も体もその瞬間、喜んでいることを体感しているはずです。
 そんな、体験を知っているからあなただからこそ、今、出来ることから、まずは、その内なる願いを思い出し、無理のない歩みを踏み出すことから始めてみませんか?